税込みから税抜き 決算について

 Q.

私は、建設業の会社の事務をしています。

会社は、建設業の許可を得て業務を行っていますが、毎年決算報告を府庁に提出しなければなりません。

提出書類は、決算書の貸借対照表、損益計算書、完成工事原価報告書、株主資本等変動計算書、注記表等です。

先生方は既にご存知だと思いますが、この決算書は、税抜きと言うことを聞いています。

現在手元にある決算書は、税込ですが、どの様にすれば税抜きになるのでしょうか。

消費税を引くだけで税抜きになるのでしょうか。

やはり、税理士さんに税抜きでやり直して頂く必要がありますか。会社の顧問税理士は、少しあらっぽい性格ですから聞くことができません。

又、建設業の決算報告書は、絶対税抜きでなければいけないのでしょうか。

私は、事務員で経理担当ではありませんので、素人ですから素人でも判るご指導をお願い致します。



A.

今は税込でも税抜でもOKのはずです。役所に確認しました。但し、注記表示でどちらを採用しているか表示して下さいとのことです。だから、決算書の数字を書き写すだけです。

コメント

このブログの人気の投稿

小規模税理士事務所への転職での注意点 転職Q&A

BIG4税理法人から年収を落とさず転職できる先は有りますか? 税理士の転職Q&A